【蔵出し銀塩カメラ⑬】Nikon EM

小野瀬自動車 株式会社

0120-00-5157

〒312-0002 茨城県ひたちなか市高野667-5 [ 営業時間 ] 9:00~18:00

lv

【蔵出し銀塩カメラ⑬】Nikon EM

スタッフニュース

2020/07/14 【蔵出し銀塩カメラ⑬】Nikon EM

 

保険責任者の津嶋です。

.

商品の販売戦略として上位モデルとエントリーモデルのデザインを統一

して同一コンセプト上の商品と消費者に認識させる手法があります。

クルマで言えばスカイラインとラングレー(スカイライン・ミニなんて

キャッチがついてました・・・)、パジェロとパジェロ・ミニなどがそう

でした。予算的に上位モデルに手が届かなくても「上位モデルと同じ

コンセプトの商品なんだ」という絶妙な満足感を与える方法です。

nikonem.

フィルムカメラにも過去に同じようなことがありました。メーカーは

当時報道を中心にプロから支持されていたニコンで、同時期にライバル

キヤノンのオート専用普及機がそこそこ好評だったのに耐えきれず、

プロ用カメラのプライドを捨てて(笑)発売したのがEMでした。

.

当時のニコン最上位機はF3でしたが、EMもF3と同じジウジアーロが

デザインしていました。プラスチックを多用した絞り優先オート専用機

でしたが、1/90秒とバルブはメカニカルシャッターを搭載していて

電池がなくてもシャッターを切ることができるなど、ニコンらしさも

ありました。発売は海外市場先行で1979年。発売当初「F3の弟分は

いつ国内で発売されるのか?」と写真雑誌で騒がれましたが、翌年の

1980年に40,000円(ボディーのみ)で登場しました。

まんまとニコンの戦略に市場が乗ってしまった感じですが、その後の

セールスは順調とは言えず、販売台数は伸び悩みました。「やっぱり

ニコンはプロ用機でないと・・・」というイメージを崩せなかったん

ですねぇ。

.

販売はイマイチだったEMですが、デザインが秀逸だったこともあり

なぜか生産終了後に人気が出てきて、状態の良いものはけっこうな

価格で売られていた時期もありました。最近は見かけることも少なく

なりましたが、460gというボディ重量はニコン一眼レフの中では

ダントツに軽く、ニッコールレンズを使って軽装備でスナップ撮影

をしたいという方には最適なボディかもしれません。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くるまの町医者として創業65年
小野瀬自動車(株)オノセモータース
■ホリデー車検ひたちなか
■ピットレンタカー
営業時間 9:00~18:00 (整備受付は17:30)
定休日 木曜日・祝祭日
〒312-0002 茨城県ひたちなか市高野667-5
TEL: 029-285-5157
FAX:029-285-3807
URL: http://onose.co.jp
https://www.holiday-fc.co.jp/shop/ibaraki/hitachinaka
https://pit.renta-navi.com/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

#ひたちなか車 #ひたちなか車検 #ひたちなかレンタカー
#事故修理 #レッカー #鈑金塗装 #車検 #自動車保険
#ホリデー車検 #福祉車両 #キズ凹み #車販売 #買取
#リース #1万円リース #vw #golf #polo #ワーゲン
#保険修理 #車買取

TOP